アーノルド・ローベル 購入でポイント獲得ならAmazonより「楽天」 |

内容については記載しませんが!居心地の良い場所は人それぞれですね。読んでもらい!自分でも読んで!とても良い話だったので!子供に読んで聴かせようと購入しました。特にがま君とかえる君シリーズが親子で好きなので、子供のクリスマスプレゼントにしました。

早速ご紹介♪

2018年01月04日 ランキング上位商品↑

アーノルド・ローベルどろんここぶた (ミセスこどもの本) [ アーノルド・ローベル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

あのかえるくんとがまがえるくんの「ふたりはともだち」の作者です。小さいころに読んだような記憶が。子供の頃に読んで!大好きだった絵本です。お勧めです。無邪気なぶたの姿が子供と重なるお話だと思います。私も読んで大好きになりました。。私が子どもの頃の絵本は、今でも入手しやすいのがありがたいです。この絵本が書かれたのは20〜30年ぐらい前らしいのですが!いまだに養育用に人気があるみたいです。絵のタッチが独特で今の時代ではめったにお目にかかれないような形の掃除機の絵が印象てきでした。くりかえし読んでいます。結末がわかっていても、毎回ハラハラして最後は良かったね!と、子どもはみんな笑顔になります。友人にすすめられて気になっていたので。娘もぶたの絵が気に入っています。どろんこずきのこぶたは、おうちのどろんこを掃除されたので家出します。娘にも読んであげたく購入しました。ローベルの童心!やさしさ!自然な生きた心を堪能してください。こぶたの表情や言葉が面白い。小さい頃に何度も読んだ大好きな本です。家ってなんて素敵、暖かく見守ってくれる家族ってなんて良いんだろう〜って思える物語です。あの優しい挿絵と雰囲気が好きで5歳の孫に送りました。自分が子供の頃に一番読んだ本です。保育園の本は色あせてボロボロだったので、楽天ブックスから届いて見た時に(こんな綺麗な色だったんだ(笑))と思いました。50音がわかれば読めます。ユーモアのある内容、可愛らしい絵、何度読んでも飽きないらしく、読み聞かせでリクエストされることが多いです。アーノルド・ローベルはたくさん絵本を書いていますが、この本も他の作品同様とてもいいお話です。もう少し成長したら「ふたりはともだち」もおくりたいです。この「どろんここぶた」は岸田衿子訳です。息子が何度か保育園で借りて 気に入っているお話でしたので、購入しました。思い出の絵本。私は絵柄が怖くて好きではなかったのですが、姉が今でも懐かしく語ります。お義母さんに旦那が小さい時にすごく好きだった絵本と聞き!まだ4カ月ですが娘に読ませるために買いました。内容は…おもしろかったです!子どもも気に入って!よくせがまれて読みます。息子に内緒で買ったので、夜寝る前に出すのが楽しみです♪喜ぶだろうなぁ!お話も挿絵も可愛いです。梅雨時期でもあるので泥んこも嫌がらず元気に遊んでほしいとの願いも込めて。年少組の子どものために購入しました。癖のある絵がかわいらしいです。この作家さんの話は!何か和むお話で!シンプルな挿絵ですが!不思議と泥の柔らかさが感じられます「ふたりはともだち」で御馴染みの作家アーノルド・ローベル。早く娘が自分で読める日がくるのが楽しみです。